「習慣化」

「(資格の)合格」を目指す際、
必ず必要となる要素が「勉強の習慣化」だ。

簡単に言えば「毎日コツコツ(勉強を)続ける」。
これが出来るようになるのが、まずは第一歩となるのではないか。

古本屋に並ぶ、資格のテキストや問題集を見ると「新品同様」と思えるような本が数多く存在する。

テキストの使用感、折り曲がり具合で、
(失礼ながら)「途中で勉強をやめた」あるいは、
「買ったものの、結局やらなかった、続かなかった」方が売ったのだろうなと想像している。

少し考えてみれば分かることだが学生時代と違い、
社会人ともなれば、「勉強」という行為はもはや必須のことではない。
勉強をしないからと言って、文句を言われることはない。

つまり、仕事を終え、家に帰ってビール片手に夕食をとり、
その後、就寝までテレビやゲーム、ネットサーフィンで過ごしても文句は言われないし、
休日、家でずっとゴロゴロして過ごしてもOKなのだ。

正直、多くの社会人が前述のような生活をしているはずだし、それ自体何も不思議なことではない。

しかし、そんな生活をしていた方が、何かのきっかけで「資格を取ろう」と決めて、
いきなり、毎日1〜2時間の勉強を続けていくというのは、かなり困難だろう。

仮に最初のうちは続けられたとしても、

「仕事が忙しく帰宅が遅かったから、勉強するのはやめておこう」
「今日は、飲み会だから(勉強は明日しよう)」

そんな日が増えていくと、
「〜だから、やめておこう。」「〜だから、勉強は無理だ」と思うことが自然になり、
そのうち、テキストの存在自体無かったものとして扱い始める方もいるだろう…。

このように習慣化までには、多くの障害が待っているのは事実だが、
一方で前述のように、多くの人が障害に打ち勝てずにいるのもまた事実だ。

途中で挫けそうになったら、そんな自分を卑下するのではなく、
「誰しも少なからずそうだ」とポジティブに捉え、
資格を目指し始めた当初の気持ちや、合格後の自分の姿を想像するなどして
今一度、奮い立たせて習慣化までこぎつけて欲しい。

最後に、
私の好きな著者の言葉の中に、「コツコツカツコツ」というのがある。
まさに、コツコツ毎日勉強を続ける、それこそがカツ(合格する)コツであるという訳だ。

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA