「習慣化の方法」

以前、「習慣化(カテゴリー:心構え)」と言う投稿をしたが、
実際に勉強を習慣化させるにはどうしたら良いだろうか?
考えてみたいと思う。

その前に1つ理解しておいて欲しいことがある。
まず、そもそも人間は「変化を避けたがる生き物」であり、
「より楽な道を選びたがる生き物」だと言うことだ。

つまり、「安定を保ちたがる」と言う傾向が我々には元々備わっている。

「勉強を習慣化する」ということに当てはめれば、
「これまでの生活(勉強のない生活)を続けたい」と思うものだし、
また、「これまでの生活」というのは、「本人にとって楽な道(楽な生活、快適な生活)」ということが言えるだろう。

そんな状態を打破していくためには、相応のエネルギーが必要だと言うことを理解しておかなければならない。
これは、車の発進と似たようなもので、
(車は)走り出してしまえば、あとは比較的小さなエネルギーで進むが、
走り出し(始動時)に、大きなエネルギーが必要になるということだ。

では、習慣化に必要な勉強法とは何だろうか。
厳密に言えば勉強法というよりは、「必要な要素」と言えるだろう。

管理人が考える要素としては以下の3つだ。

①絶対に受かると思う気持ちを持ち続けること。
②達成感を味わえる目標を立て、それを繰り返し乗り越えていくこと。
③例え計画通りに行かなくても、(自分を卑下せず)チャレンジすること。
そして、小まめに計画を見直すことだ。

①については、言わずもがな「モチベーションを維持し続ける」ということだ。
何はともあれ、これがないと始まらない。
モチベーション維持の方法として、
個人的には、合格後の自分の姿を(出来るだけ明瞭に)想像することをお勧めする。
・合格することで、(誰かに)褒められている姿。
・資格を活かして、起業して働いている姿。
と言った感じだ。

②については、何度も繰り返し達成感を味わうことで、自分に自信を生ませるということだ。
「(自分は)やれば出来る」と思えれば思えるほど、
「さぁ、次も頑張るぞ(だって自分はやれる子だ)」と思えることで、好循環が生まれ勉強を続けやすくなる。
実際に、目標を達成するごとに自分にご褒美を与えるのも良い方法だが、達成感にも同様の価値があるということだ。

③については、前述の人間の特性を理解しておくということとも言える。
つまり、人間とは、「変化を避けたがる生き物」であり、「より楽な道を選びたがる生き物」ということだ。

勉強開始初期や中間期などに限らず、計画通りに進まないことは多くある。
自己責任の時もあれば、外的要因(会社の付き合い、家族イベント)の時もあるだろう。
計画通りにいかなくとも、必要以上に落ち込むことはない。
「まぁ、こんなこともあるな。しょうがない。」と思って、計画を練り直してもらいたい。
その際に、計画通りにいかなかった理由は(簡単にでも良いので)押させておくべきだ。

実際に、管理人もよく計画見直しの時間を作っていた。
当初はここまで学習を進めておく計画だったが、実際にはその半分にも達していない。
上手くいかなかった理由を考えたところ、
「単純に自己責任(勉強をしなかった日があった)の部分もあれば、
例えば1時間で15問は解ける計算で考えていたが、解答・解説を含めるともっと時間がかかることが分かった」
と言ったようなものもある。

何度も言うように、(予定と実績に乖離があったとしても)必要以上に落ち込んだり気にする必要はない。
大事なのは反省すべき点は反省し、修正すべき点は修正するということだ。
その上で、新しい計画を立て、また勉強していけば良い。

最後に、野球漫画「ROOKIES」にこんな言葉があるのをお伝えしておこう。

「反省は人として、プレーヤーとして絶対必要なモノだ。
自分が納得いかないならとことん反省すればいい。
だが後悔はダメだ。後悔は決して前へ進めん。」

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA