「運を掴む」

難関資格ともなると、
合格するために最後に必要となるものは「運」だとさえ言われる。

近年、急激に難化した社会保険労務士試験(平成28年:4.4%、平成27年:2.6%)などが、
もしかしたら、これに該当するのかもしれない。

「最後は神頼みかよ」と言われるとそれまでなのだが、
今回はあえて「運を掴む」ということを考えてみたい。
(注:宗教等への勧誘ではないので、ご安心を)

受験生の中でも、
「運を掴んだ人」と「掴めなかった人」というのは、存在するような気がする。

例えば、
「たまたま、直前に確認した範囲が出題された」
「今まで模試等でも取ったことがない点数が本番で取れた」
「まったく知らない論点だったものの、なんとか正解に漕ぎつけた」
といった具合だ。実際、管理人もこう言った経験が何度かある。

では、「運を掴む」ためにどうするべきか。
管理人は、「人として当たり前のことを当たり前にやり続けること」だと思う。

と言っても、何も難しいことではない。
例えば、
「社会人として常識ある行動(ex.歩きタバコはしない、優先席は譲る)」
「交通マナーは守る(ex.信号を守る)」
「時間を守る(ex.待ち合わせに遅れない)」
「他人に対する気遣い・思いやりを忘れない」
と言ったことだ。

どういうことかを、少し実体験の中から(無理やり?)関連付けたいと思う。
管理人は、難関資格を目指す際、専門学校(スクール)を利用させて頂くのだが、
自習席で勉強している受講生を見ると、「呆れる」と同時に「悲しくなる」光景を目にすることがある。

それは、3人掛けの机にも関わらず、
真ん中の席に座り、机一面にテキスト、問題集を置いて1人で占領している人を見た時だ。

3人掛けだから、3人座れとまでは言わないが、
少なくとも、もう1人使えるように(2人掛けとして)、半分だけの使用に留める心遣いが出来ないものかと思う。
ましてや、利用できる自習室が少ない時などは尚更だ。
中には社会人と思しき、「大の大人」がそんな状態だから、本当に呆れたものだ。

専門学校とは言え、ある種公共の場なのだから、常識ある行動を取るべきである。
専門学校の受講生であれば、自習室を利用する権利は誰しも平等なのだ。
決して早い者勝ちではない。
こういう人は、自分自身では気づいていないのかもしれないが、
バスや電車で座席を独り占めして座っている迷惑な乗客と同じことをしているのである。

もちろん、こういう人は試験に落ちると言っているのではない。
こういう人でも、合格する人は合格するだろう。

ただ、万が一、合格点ギリギリの争いや、
ある1問を正解するか否かで、足切りに合う合わないと言った時には、
「運を掴む」ことが出来ない可能性が高いのではないだろうか。

「因果応報」とはよく言ったものだが、つまりはそういうことである。

もちろん、そうではないと否定する意見も多数あるだろうが、
管理人は、少なくとも最後に「運を掴める」ように、
日頃から試験勉強だけでなく、日々の立ち振る舞いにも注意しておくことは大事だと考えている。

この投稿内容(若干愚痴も入っているが…)を、どう判断するかは各自に任せることとするが、
誰かにとって、日々の自分の行動の立ち振る舞いを省みる機会となれば幸甚である。

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA