「問題はむしろ間違えた方が良い」

先日、「完璧に理解出来なくても、まずは教材を一通りやりきる」という記事を投稿したが、

例えば、テキストのある分野(単元)を一通り読んだ後は、
実際にその分野の問題を解いてみる方が多いだろう。

正解・不正解に一喜一憂しながら採点した結果、
正解率はどの程度だろうか?

8〜9割?、或いは、2〜3割?

誰しも結果(正解率)が気になる所だと思うが、
結論から言えば、正解率を気にする必要はない(始めの頃は特に)。
むしろ、後述する「トラウマ原理」のことを考えれば、
正解率は低い方がいいぐあいだ。

当然、問題を解くことによって、試験で問われる内容(重要論点はどこか)や、
問題の傾向(出題のパターン:問題文が短文or長文、単純な正誤か、正解(或いは間違い)はいくつあるのか選ぶと言ったもの等)を
把握することが大事なのは言うまでもない。

それを踏まえた上で、
「問題はむしろ間違えた方が良い」とは、
言葉は悪いが、「トラウマの原理」をプラスに応用した考え方だ。
つまり、人は「間違えた方」が「覚える」のだ。

原理的には、
①「間違える」
②「(多少なりとも)ショック」
③「(その分、間違えた内容を)覚えやすい」
と言うことだ。

個人的には、ある程度学習を進めて
正解率が高くなった(本人も理解が進んだと感じている)段階で、
問題を解き直してみるのがオススメだ。

①「(理解が進んでいるので)正解して当たり前だと思っている」
②「間違える」
③「(初歩的な問題であればあるほど余計に)ショックが大きい」
④「(その分、悔しさも大きいので)覚えやすい」
というように、間違えたことへの自己嫌悪感も合間って効果の程は大きい。

ただ、理解を進めた段階で問題を解き直すので、
人によっては、「一度解いた問題をまた解くのか」、
「その分野は理解しているから大丈夫だ」と言った、心理的な抵抗があることは否定できない。

けれど、トラウマの原理を考えれば、
その分、効果が高いので学習計画にうまく組み込んでもらいたい。

また、初学者・学習初期段階の方も、
「受験できるレベル」まで自分をもっていくためにも、
「間違えた方が、(覚えるので)ラッキー」という気持ちでどんどん教材を進めて欲しい。

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA