「(勉強ツール)KURU TOGA」

資格勉強者でなくとも、必ずお世話になるアイテムがあります。
それは、「シャープペン(or 鉛筆)」です。

シャープペンに関していえば、
芯の太さ(0.5mm、0.3mmなど)、芯の濃さ(HB、2Bなど)、
グリップの好みなど拘りだしたらキリがないアイテムと言えるでしょう。

ちなみに、私がオススメするのは(ただ、自分が使っているからと言う理由です)、MITSUBISHI PENCIL(以下、同社)から発売されている「KURU TOGA」です。


(上記写真は、同社HPより引用)

従来のシャープペンは、
使っていくうちに線がだんだん太く、薄くなる芯の角が引っかかる(粉が出る)」という不便さがありましたが、
同社の「クルトガエンジン(書く度に芯が少しずつ回転する)」により、
いつも一定の細さ、濃さで書き続けることができるという優れものです。

「KURU TOGA」は、いくつかのモデル(セサミストリートやサンリオとコラボしている限定商品も有)を発売していますが、
私は、「KURU TOGA(ハイグレードモデル)0.3mm」を使用していて(5年以上の愛用)、試験の時は必ずこのシャープペンで問題を解きます。
もはや、受験の際の験担ぎの一種となっています(笑)(参考:「験担ぎ」)。


(注:画像クリックでアマゾンへ)

お値段は、1,000円(税抜き)と普通のシャープペンと比べたら少し割高かもしれませんが、ペン先に重厚な口金を使用している分、低重心設計(?)なので安定した筆記が可能です
(私だけかもしれませんが、ペン先(グリップ部分も含め)が少し重いため、使用時に安定感があるように感じます。)

シャープペンも、ほぼ毎日の学習で使用する重要アイテムなので、
(特にノートを作っている人は、長時間シャープペンを使用しているだろうし。私自身は、「ノートは作らない派」ですが…(参照:「ノートを作る派or作らない派」「京大式カード(情報カード)」))

シャープペン、定規、マーカーなど文房具も色々ありますが、その中から自分に合ったものを探してみて、勉強時の更なる快適さ(疲れにくさ)を追求するのも勉強のモチベーションを上げる1つの方法だと思います。

※あくまで、個人の感想です。使用感・使用効果には個人差があります。

補足:現在は、KURU TOGA ADVANCE(550円(同))という新商品が発売中。クルトガエンジンがパワーアップ(1画あたりの回転が増加)しており、
興味を引くものの、芯が0.5mmのタイプしか扱っていないようなのでしばらくは様子見。


(注:画像クリックでアマゾンへ)

(初版:2017年3月30日、改訂:2018年1月25日)

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

勉強ツールカテゴリの最新記事