「宅地建物取引士(宅建士)の結果と所見」

以下、宅地建物取引士(宅建)の結果と所見。

・試験日:2016年10月16日
・結果:合格
・得点:37点/50点(得点は自己採点による)
・合格基準点:35点
・合格率:15.4%(2016年度)

・勉強開始時のレベル:ビジネス実務法務検定2・3級(民法分野、独学)を保有
・勉強方法:独学+専門学校の公開模試(1回)
・使用テキスト(末尾に書籍案内):
①わかって合格る、宅建士基本テキスト 2016年度(出版:TAC宅建士講座)
②わかって合格る、宅建士過去問12年PLUS 2016年度(同上)
③2016年度出る順宅建士 重要ポイント555(出版:東京リーガルマインド)
(以下、①を基本テキスト、②を過去問、③を重要555という)

・勉強期間:1ヶ月と3週間
・勉強時間:約100時間
配分は、基本テキスト30時間、過去問60時間、重要555に10時間
・過去問1年分に要する時間:約5時間
(内訳:解答90分、解説3時間〜3時間半)

・テキスト・過去問回転数:
基本テキスト(1回転、但し過去問の解説時に、都度出題箇所の論点を確認)
過去問(1回転、12年分)、重要555(2回転)

・公開模試の結果:23点/50点(C判定、模試受験生の平均点28点)
公開模試を受けた時点では、基本テキスト通読と4年分の過去問を解いた状態。

・苦手な分野:法令上の制限(都市計画法、建築基準法、土地区画整理法など)、統計問題
・前日夜〜当日朝:統計問題、重要555を確認

・勉強方法:
勉強方法としては、過去問を解く。
基本重要論点を定着(暗記)させる。
但し、民法は単純な暗記では解けない問題も多いので、理解が大事。

・試験対策:
過去問で出題傾向を確認。頻出論点は確実に解けるようにする。
(出題頻度をABCランクと区分した場合、ABは確実に取れるようにしておく)
細かな論点(Cランク)は深追いせず。
但し、本番で全く知らないという状況は精神的にキツイので、
軽く押さえておく程度(見たことある論点だけど、正確には覚えていない、そんなレベル)。
知らない問題が出ても、動揺しない精神力もある意味大事。

・教訓:独学の場合、自分に合ったテキスト選びが大事。
試験の得点が公表されない試験は、中小企業診断士の試験以来。
合格者のみ通知が送付され、不合格者には不合格通知すら送付されない。

・所見:
宅建士試験は法律系の登竜門と言われるが、油断禁物。
過去問12年分で合格基準点を超えたのは2〜3回と、かなり苦戦。
その一因として、基本テキストとの相性が悪かったこと(注)が挙げられる。
(注:基本テキストが初心者向け、かつ文章が冗長的で、なかなか頭に入っていかず。直前期に、知識整理用として重要555を慌てて購入する羽目に。)
結果的に1発合格出来た要因は、試験の難易度が例年に比べ易しかったこと、基本問題を取りこぼさなかったことによるものと推察する。

参考1:保有資格

参考2:使用テキスト案内(③は2016年度版につき注意)
①わかって合格る、宅建士基本テキスト 2017年度(出版:TAC宅建士講座)


(注:画像クリックでアマゾンへ)

②わかって合格る、宅建士過去問12年PLUS 2017年度(同上)


(注:画像クリックでアマゾンへ)

③2016年度出る順宅建士 重要ポイント555(出版:東京リーガルマインド)


(注:画像クリックでアマゾンへ、2016年度版につき注意)

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA