「ノートを作る派or作らない派」

記憶の定着や知識の整理、そして何よりも勉強した感が出る(?)と言った理由もあり、勉強の際に独自のまとめノートを作る人もいるだろう。

作る、作らないに関しては人それぞれだが、管理人は断然「ノートは作らない派」。正確に言えば、「知識整理用のノートは作らない」というのが正しい。

まず、知識の整理のために、まとめたり、図表を描くのは時間の無駄だからだ。
そもそも市販や専門学校の教材は、その道のプロの方が作ったものなので、それ以上のものは素人には作れない(余程、劣悪な教材ならいっそ別の教材を買った方が良い)。
そして、何よりも「書く」という作業に時間がかかることが嫌なのである(あと、手が疲れる)。

(上手く纏める能力がある方は別かもしれないが、)
結果、時間をかけて出来上がったものは、使用教材の劣化版ということになりかねない。
それなら、同じ時間で過去問を解いた方がよっぽど効率的である。

ただ、今でこそ、ノート不要論(?)を掲げているが、
一度だけ、中小企業診断士試験の際に「間違いノート(✳︎)」なるものを作ったことがある。
(✳︎ 過去問や模試等で間違えた問題をノートに落とし込んで、こまめに見返すことで論点を覚えるというもの。)

当時を振り返れば、診断士試験は試験科目が7科目と多岐にわたる上、
内容もバラバラ(法務、財務、経済、IT等)なので知識の整理として役に立った。
しかし、診断士試験の難易度も相まって(当時は経済学・経済政策、財務・会計が難しかった)、間違いノートの作成にかなりの時間を要した覚えがある。
一日勉強しても、書くのに時間が掛かり、数ページしか問題集が進まなかった時はかなり凹むと同時に果たして終わるのだろうかと焦りを覚えたものだ。
やはり、間違いノートについても、「効率性」・「効果」といった点を鑑みて、費用対効果がどうなのかを適宜検討しておく必要がありそうだ。

他に、「暗記する(覚える)ため」に書いて覚えるということはあるが、
「漢字検定試験」でもない限り、止め跳ね払いまで意識してきちんと書く必要はないので、これ自体にはそんなに時間は要さない。
ただ、個人的には書いた方が覚えるような気がするので、必要な時は裏紙などにさっと書くようにしている。

やはり仕事をしながら資格を目指す場合は、
時間をやりくりしながら、いかに効率的に勉強するかということが肝要であり、
その点でいえば、「ノートの作成」と言うのは非常に非効率なものと言わざるを得ない。
ノートを作る際は、「作成にかかる時間」と「得られる効果」を十分検討して判断して欲しい。間違っても、「勉強した感が出るから」「これまでそういう勉強法だったから」という、余り根拠のない理由で作るのは止めた方が良いだろう。


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA