「勉強ばかりはNG」

資格取得に向けて勉強は当然必要だが、
やはり勉強だけでは駄目である。
まず、資格の勉強だけだと思考回路が固まってしまうし、
いずれ勉強自体に嫌気がさしてくる。

何事も「メリハリが大事」だと言うが、まさにその通りである。

勉強時間確保のため、
ある程度プライベートなこと(旅行、飲み会、遊びなど)は我慢しなければならない。
だからと言って、ずっと我慢してばかりだと徐々に勉強の効率は落ちてくるはずだ。

「なぜ、自分だけ(勉強をしなければならないのか)…。
 (何も気にせず遊んでいる)他の人が羨ましい。」など、
負の感情を持ちかねない。

そうならないために、
時には羽を伸ばしてドライブに出かけたり、
飲み会に参加したり、美味しいものを食べに行ったりと
自分なりの方法でリフレッシュすることが大事である。

「勉強仲間を通じてコミュニケーション能力を磨く」でも書いたように、
専門学校に通っているならば受講生と一緒にパーっと飲みに行くのもOKだ。

余談だが管理人のリフレッシュ法としては、
前述の受講生同士の飲み会は当然のこと(?)として、
読書をすることが多い。

「中小企業診断士」や「社会保険労務士」の試験勉強をしながらでも、
月に5〜6冊は読書(自己啓発、ビジネス書、小説、勉強本など)をしていた。
勉強の合間に読書を挟むと良い気分転換になったものだ。

また、基本的に興味のある分野の本しか読まないので、
良い気分転換になる上、試験勉強以外の知識も取り入れられることも大きい。
「自分の為になる」と言う意味では、読書は「勉強すること」とかけ離れてはいないので、
「勉強していない」=「罪悪感」といったこともなく、精神的にも楽だった。

資格取得のため、自分の「勉強スタイル」を固めることも勿論大事だが、
同様に、自分なりの「リフレッシュ法」の確率も大事である。

但し、「リフレッシュが必要」と言い訳ばかりして、
勉強が疎かにならないよう、十分に注意が必要なのは言うまでもない。

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA