「人は忘れる生き物である」

勉強していて気落ちする場面は多々あると思う。

例えば、

・(勉強しようと思っていたのに)、結局勉強できなかった(しなかった)。
・確認テスト、模試の結果が悪かった。
・試験に落ちてしまった。

などである。

中でも、自分の記憶力の悪さ(覚えていないと言う事実)に
ショックを受けたことがある方は多いと思う。

あれだけ勉強したのに数ヶ月後に復習・見直しをしたら、
ほとんど忘れてしまっている、なんて経験があるはずだ。

けれど、これ自体は不可抗力であり、
人間である以上、どうすることも出来ないことである。

ご存知の方も多いだろうが、
「エビングハウスの忘却曲線」によれば、
記憶した20分後には42%、1時間後には56%、
1日後には74%、1週間後には77%、
そして、1ヶ月後には79%忘れてしまうと言うものである。
勿論、実験の前提(意味のない3つのアルファベットの羅列を覚える)が異なるので、
この忘却曲線が、試験勉強にそのまま当てはまると言う訳ではないが、
そのくらい人間というのは忘れる生き物であるということだ。

同じ人間である以上、他の受験生も同じなのだから、
「忘れてしまっていた」という事実に必要以上に気落ちする必要はない。

1日が24時間しかないのと同様に、
「忘れてしまうこと」も、みな条件は同じだ。
(勿論、人によって程度の差はあるが・・・。)

大事なことは、
記憶したことを全て忘れる訳ではない(理論上、20%程度は残る)のだから、
そのことを上手に活用していくのである。
つまり、「人間は忘れる生き物である」という前提に立った上で、
いかに忘れない、忘れにくい勉強を行うか、ということである。

ただ、「忘れる」ということは試験に限ってはマイナスだが、
私達人間の人生にとっては、プラスであることの方が多いということを最後に付け加えておきたい。

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA