「目標を達成した自分をイメージする」

「目標を達成した自分をイメージする」

この言葉は、ある書籍を読んでいたら、目に止まった言葉である。

その書籍によれば実験の上でも、
目標を達成した自分をイメージして努力した人の方が、
イメージしなかった人に比べて、達成率は高かったそうだ。

偶然かもしれないが、意図せずして
管理人自身もよくやっていた方法なのである。

資格に合格できた後のこと。
つまり、資格取得に対して会社からの賞賛や、
資格取得により業務レベルが更に高まった姿、或いは資格を活かして起業している姿等をしばしば想像していたものである。
(半分、妄想みたいになっていたかもしれないが・・・。)

しかし、こういった姿は誰しも描くことが可能である。
何故なら、資格を目指すにあたっては、「仕事で必要だから」とか、
「いずれ起業したいから」等、何らかの目的があったはずである。
(注:資格マニアの方は、「資格が俺を呼んでいた」みたいなマニア心を刺激する部分で資格を受けることもあるので、一概には言えないかもしれないが。)

ただこうしたイメージをすることで、
今やっていること。
つまり、色んなことを我慢をしながら勉強をしていることの意味を再確認し、
それによりモチベーションアップに繋げることが可能だ。
また、その延長として、実際にその姿(合格する)になるには、
「今、何をやらなければいけないのか。」と言ったことを顧みていたものだ。

例えば、今日は勉強があまり出来なかったとしたら、
(イメージとの乖離を感じて)、本当に今のままでいいのかと、スイッチを入れ替えるのだ。

1日に1度とは言わないが、1週間に1度くらいは、
1週間の振り返りの一環として、「合格後の自分」をイメージして、
モチベーションアップ等に役立ててもらいたい。


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA