「結果ではなくプロセスに目を向けろ」

管理人の経験談で恐縮だが、
専門学校を利用していると、
資格の確認テスト(進捗テスト)が高得点だったり、
実際に資格に合格したりすると、必ず出てくる言葉がある。

それは、
「~さんは、頭が良いから」
「~さんは、優秀だから合格だよね」
と言った言葉である。

高得点や合格という「結果」に対する評価としては妥当な褒め言葉かもしれないが、
その結果を得るまでには必ず「プロセス」が存在するのだ。
つまり、結果を得るための努力(勉強法や心構え)である。

結果が得られなかった人は、「結果」という「外見」ではなく、
「プロセス」という「内面」にこそ、興味を持つべきなのである。

「点数が悪かった」、「資格試験に落ちた」という人は、
(厳しい言い方であるが、)
「結果」を得るための「(今までの)プロセス」に問題があったと考えるべきである。

問題があったと考える以上は何が悪かったのか、
どこを改善すれば良いのかを、きちんと考え実行する必要がある。

単純に勉強しなかったからなのか、
勉強したけど駄目だったのであれば、何が良くなかったのか。
勉強法(出題の論点(試験の傾向)を抑えきれていなかった)や心構えから、
問題の解き方(時間配分を間違えた、問題文の読み誤りがあった等)迄、
何に問題があったのか、ありとあらゆる面を考慮しなければならない。

以前、「合格体験記の活用」という投稿をしているように、
人一倍資格勉強法関連については情報収集してきたつもりだ。
「~勉強法」なんてタイトルの本は何冊も読んできたし、
その中で、自分にあった勉強法や考え方など、役立ちそうなものは随時取り入れている。

スポーツの分野では良く言われることだが、

結局、一番うまい選手が一番練習しているのだ。

あなたは、人の良さ(結果)を羨む前に結果を得るべく、
相応の努力をしたのか今一度振り返って頂きたい。


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA