「合格するには、逆算と努力である」

以前の投稿で、
「資格試験に合格するコツ」は、試験日から現在までを逆算して、
その日(或いはその週)に何を、どの程度、勉強すべきかを計画し、
そして実行していくことだ、と書いた。

今回はこの内容を少し掘り下げたいと思うが、
実際、合格者同士で話すと割と共通する心構えというか勉強法として、
「何が何でも受かる」という気持ちを大前提に、
合格までのプロセスをしっかり計画して、
その通りに実直に勉強をしている方が圧倒的に多いということだ。

「何が何でも」というのは、
例えば、「初学者だと合格は難しい…」とか、「合格率〇%」と言った言葉に一切惑わされず、
自分が合格するために、合格に必要な勉強を淡々と行うという姿勢を貫き通すことだと言える。
その気持ちがあれば、
あとは、前述のように、試験日から現在までを逆算して、
その日(或いはその週)に何を、どの程度、勉強すべきかを計画し、そして実行していくだけなのだ。

「実行していくだけ」と言われても、それが難しいんだよと言い返されそうだが、慣れない方は、1つの目標というか、マイルストーンとして、
専門学校に通っている方は、科目ごとの確認テストや、模試(中間・公開)を上手に利用することだ。(独学の方は、専門学校のカリキュラムを真似るのがよいだろう)

しかも、確認テストや模試で一番大事にしたいのは、
現時点での自分の現在地(理解度)を知ることである。

理解が足らなければ(点数が低ければ)、
勉強法が悪いのかもしれないし、論点をしっかり押さえられていないのかもしれない。復習などを通じて理解を深めるとともに、勉強法についても見直す良い機会となる。

以前、「問題はむしろ間違えた方が良い」で書いたように、
確認テストや模試で間違えることで、記憶にも残るし、
普段の問題集とは異なる解説などを見ることで、間違って覚えていた論点などを、「正しい理解へと修正する」こともできる。

計画は立てれても、計画通りに実行していくことは非常に難しい。
だが、何が何でも合格するんだという気持ちがあれば、継続できるのではないだろうか…。

(例えば、勉強期間が1年程度必要な資格であれば)
あと一年同じ生活を続けるのは誰しも非常につらく嫌なはずだ。
今、頑張りきれば、来年には解放されるのだ。
そういった考えを持ちながらモチベーションにつなげて、頑張ってほしい。


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA