「(心構え)本試験への臨み方」

以前、「確認テストや模試への臨み方」を投稿しましたが、
今回は、その続編として「本試験への臨み方」を考えてみたいと思います。

おそらく、試験当日でも開始直前まで粘って、
テキスト等確認する人というのは多いと思います。

確かに、試験直前に確認した箇所が試験に出たら
「ラッキー(合格に繋がった)!」ということになるのですが、
そもそも、そんな綱渡り的な状態の仕上がりで本番を迎え、
合格を狙うこと自体に問題があると思いませんか?

しっかりと準備が出来ていれば、
当日に確認することはほとんどないはずです
(不安からどうしても覚えきれていない、苦手といった箇所を見直すことはありますが、あくまで気持ち程度です。)

また、現実的に試験会場への移動時間等の関係もあり、
当日にテキスト等を確認する時間はないと思った方が良いでしょう。
(午後の試験ならまだしも、午前中の試験だと尚更です。)
(参考:「試験当日はあがきつつ、あがかない」

だからこそ、試験当日は知識面ではなく、実力通りの力が発揮できるように体調面、精神面の準備をする(整える)方がよっぽど大事なことだと思います
(これは以前投稿した、「確認テストや模試への臨み方」と同じです。)

私の周りにも、知識面では十分合格圏内なのに、
体調を崩してしまったり、精神的なプレッシャーで力を出しきれなかった人や、
初見の問題に必要以上に動揺して、その問題以降も動揺が尾を引いた人達もいらっしゃいます。

体調面としては、健康的な食生活や適度な運動、十分な睡眠時間などが考えられます。また、試験の時期によっては、食中毒、風邪、インフルエンザに罹らないよう、日頃から用心しておくべきでしょう。

精神面では、絶対受かると思える自信初見の問題が出題されても動じずに問題に挑む心構えなどを作り上げておくことでしょう。
そのためには、やはり本試験までにしっかりと(合格出来る水準まで)勉強しておくことが大前提となります。(参考:「勉強量が本試験でぶれない心を作り上げる」
「これだけやったのだから、当日知らない問題が出ても、みんなも解けないはず。だから、その問題は落としても大丈夫だ。」と思えるぐらいに仕上がっていれば少しは気持ちが落ち着くものです。

これらに加えて、試験当日に同じ資格スクールの受験仲間と顔を合わせれば、少しは心を落ち着かせることが出来ると思います(ただし、当日は下手に馴れ合いすぎるのは危険。参考:「試験当日はあがきつつ、あがかない」)。

精神面は、人ぞれぞれな部分(プレッシャーや本番に強いなど)もありますが、少なくとも体調面は、自分でコントロール出来る範囲だと思いますので、可能な限り最善を尽くすべきです。

試験中は個人戦となりますが(参考:「結局は個人戦」)、試験を解き始める前から既に戦いは始まっています。
それは、「(試験前・試験中の)プレッシャーに打ち勝てるかどうかという戦い」です。

そのためにも、日頃の生活や勉強、確認テスト・模試などを通じて、自分を落ち着かせる方法そのためのルーティン(習慣・験担ぎ)を見つけておくわけです。(参考:「験担ぎ」

中には、試験前日は、緊張のあまりほとんど寝れなかったという方もいらっしゃいます。日頃から寝る前の習慣(ルーティン、例えばアルマを焚いて寝る)などがあれば、もしかしたら十分な睡眠が取れた可能性もありますよね。

勿論、「前日眠れなかったら…」という想定をしておいて、「寝れないなら、寝れないなりの気持ちを作っておく」ことで、対処することも出来ます。

さて、色々と書きましたが、残念なことに本試験への臨み方(準備)が出来ていない方、あるいは軽んじている方が多いように思います

とにかく、本試験への臨み方で大事なことは、試験に備えて、体調面・精神面をベストの状態に持っていくことです。
当然ながら、体調面、精神面を整えることは、前日や当日だけに限った話ではありません。日頃からやっておくべきこともありますが、少なくとも1〜2週間前から、それらを整えることを意識しておくことが必要です。

試験直前に長時間勉強して知識を詰め込む事も大事ですが、
その結果、体調を崩して本番に挑むようなことになったら目も当てられません。
本番当日にベストの力が出せるように、知識面と同じくらい、体調面・精神面を整えることにも力をいれて欲しいと思います
(参考:「試験当日はあがきつつ、あがかない」

(初版:2017年6月19日、改訂:2018年1月25日)

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA