「合格によって自信をつける」

資格試験初心者にも関わらず、
いきなり難関資格にチャレンジしたものの、
負け(不合格)続けている方にオススメな方法がある。

それは、難関資格に関連する内容であり、
かつ、難易度は自体は1〜2ランク落ちるような関連資格をお試しに受けてみることである。
(例えば、行政書士試験を受ける人であれば、宅地建物取引士の資格、
社会保険労務士であれば、年金アドバイザー、DCプランナーなどの資格がそれに該当するだろう)

同じ試験に対してずっと負けが続いていると、
「あー、今年も無理かもしれない」などと段々と自暴自棄になる可能性もある。
また、自分の勉強方法に自信が持てなくなると言ったことも考えられる。

そこで、少し簡単な資格でも良いから受けてみて、
「合格」という二文字を味わってみるのは非常にオススメである。

人間誰しも認められたいという欲求を持っており、
「合格」というのも、「自身の努力が認められた」ということであり、
自分のやり方(勉強の仕方)や、能力に少し自信が持てるようになるはずである。

また、実際に試験会場で試験を受けることによって本番慣れしたり、
同じ試験ばかりを勉強していたことによる、視野の閉塞感も解消されたりする。

「不合格慣れ」は良くないが、
「合格慣れ」はいくらしてもいいと思う。

本命試験の日程や、他資格への勉強時間の確保の有無など
障害はあると思うが是非「合格慣れ」を意識的に取り入れてみて欲しい。

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA