「(社会人向け)勉強時間の作り方」

働きながら勉強を続けていると、
勉強時間の作り方(確保)が重要になってくることは言うまでもないだろう。

社会人にとって、勉強の阻害要因となる典型的なものとしては、
以下のようなものがあるはずだ。

・残業が多い(絶対的な勉強時間を確保出来ない)
・急な出張や研修が入り、一週間の勉強計画が狂う
・(残業終わりに)上司に飲みに連れて行かれる
・同僚、同期からの飲み会のお誘い
・仕事の繁忙期が本試験の直前期と被る

そこで、これらに対する管理人の対処法をご紹介しよう。

・残業について
まずは、仕事のやり方を見直し効率化に努めることである。
当然、ダラダラ仕事はせず、仕事を他の人に任せられるものは任せ、翌日でも良いものは翌日に回すなど、
権限移譲やトリアージ(優先順位付け)を用いて効率的に仕事を回すことである。
ましてや仕事を効率化出来る能力があれば、
同時に、勉強の効率化にも応用出来るはずだから、一石二鳥である。

「残業代」=「生活費」と考えているような輩もいるとは思うが、
資格勉強を続けている間は、今なすべき優先事項は何かを強烈に意識するべきである。
生活費のために勉強時間が減って、また翌年(次回)試験を受ける方がよっぽど非効率(コスト高)である。

何よりも残業をすると、体力を奪われてしまい、自宅に帰ってから勉強が出来ない、
捗らないと言う負のサイクルに突入してしまう可能性もあるので、その点でも要注意だ。

・出張や研修について
サラリーマンにとって出張は避けて通れない。
また突然、一泊二日の研修に行ってこいなどと言われることもある。

そして、出張先では取引先或いは同僚との飲み会も、もれなくセットで付いてくるものである。
だとすれば、移動時間を有効に使うしかない。

場所によっては移動手段は車の方が何かと便利な所もあるが、
電車・新幹線やバスなどで対応できる場合は、そちらを選んだ方が良い。
移動時間の中で、テキストや問題集を読めるからだ。
そんな時の持ち歩きの際には、以前投稿した「テキスト・問題集の裁断」がオススメだ。
また、自分で運転して移動すると、体力を消耗してしまうので、その意味でも交通機関を利用した方が良い。
(「事故を避ける」といったリスクの面でも○)。

・上司、同僚との付き合い(飲み)について
まず、同僚(同期)との付き合いは、よほどのことがない限り断ってOKだと思う。

ここでいう「よほどのこと」とは、
例えば、同僚の送別会やお祝い事、勉強が続いていて気分転換を図りたい時、
或いは、ずっと断り続けていたので、たまには参加しようかな(その前提として試験日まで日数がある場合)といった場合だ。

もし、飲み会の出席率の高低で、
仲間外れにされるというような薄っぺらい関係なら、こっちから願い下げた方が良い。

上司との付き合いは、なかなか難しいこともあるが、
私は、最初(1度目)の誘いは断って、
それでも、どうしても行こうと誘われれば(相手が諦めずに誘ってくるなら)、
飲みに行くようにしていた(そして出来るだけ1次会で帰る)ものだ。

上司との飲み会の場合は、会社では話せない話題(将来の希望や業務適正の判断)などの為もあるので、
無下には出来ないところでもある。

ただ、飲み会に関しては、自分の努力次第なところも多い。
朝いつもより早く起きて、勉強してから出社することで勉強時間を確保したり、
2次会に参加しないことで、(翌日にアルコールを残さず)、翌朝早く起きて、
前日(飲み会日)出来なかった勉強を補填するといったやり方も可能である。

・繁忙期について
何故か「国家資格」は、夏場が試験日となっていることが多い。
例を挙げると、税理士、社会保険労務士、中小企業診断士、宅地建物取引士といったラインナップが並んでいる。
3月決算が主流な日本では、多くの方が繁忙期は3〜4月の人が多いのかもしれないが、
私は、夏場(7〜10月)が仕事の繁忙期(出張もこの時期に集中)だったので、
追い込み時期にもかかわらず、勉強があまり出来ないことが当初から懸念事項だった。

ただ、そうはいってもこれもやり方次第なところもある。
仕事の繁忙期の関係から、「本試験前、直前期は勉強時間が確保出来ない」、
或いは「直前期の平日は勉強時間0(ゼロ)かもしれない」という前提で計画的に勉強をしておくことで、
繁忙期に入る前に、勉強をある程度仕上げてしまったり、
直前期に、効率的に復習するため「間違えノート」や、
「得意・不得意分野を見極め、濃淡をつけて勉強する」といったレベルの工夫は凝らしていた。

別の投稿でも述べているが、
想定外のことで心が揺さぶられないように(イライラしない、パニックにならない)、事前に想定しておけるかが重要である。
事前に分かりきっていたことであれば心の揺れは少なくて済む。

また、そもそも直前期は、勉強時間の積み上げではなく、体力と精神(心)の調整が大事なのである。(「本試験への臨み方」参照)

さて、色々と書いてきたが、この他にもご家族を持っていればご家族が阻害要因になってしまうこともある。
こういった阻害要因を排除するのも大事だが、
実は日々の暮らし方を見直せば気づいていない阻害要因(無駄な時間)というのも存在するはずだ。

例えば、
・携帯ゲームで無駄な時間を使っている。
・勉強中、Lineやネットニュースを見てしまい、無駄な時間が発生している。
・不規則な生活(夜遅くまで起きている、2度寝など)

これらは、普通の社会人生活を送るのであれば、全く問題ないことであるが、
資格を取ると決めた以上は、このあたりの生活習慣も見直す必要があることは言うまでもない。

私なりの勉強時間の作り方や考えを書いてきたが、
是非とも自分なりの方法で、必要な勉強時間を確保してみて欲しい。

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA