「願書申し込みの効果」

以前、「モチベーションが落ちた時は・・・」と言う記事を投稿したが、
「願書の申し込み」も同じくモチベーションを高める効果がある。

理由は簡単。

⇨申し込む。
⇨お金(受験料)を払う。
⇨(試験を受けないと)勿体無い。
⇨ならばやってやろう。

ただし、「どうせやる以上、受からないと嫌だ」と思えるタイプでなければ駄目。
(注:「記念受験・お試し受験でいいや」と思ってしまう方は、このロジックには当てはまりません。)

私は、申し込んだ以上、記念受験は嫌なので、可能な限り仕上げて臨みます。
しかし、試験に落ちる落ちないは、これまた運の部分(難関資格ほど運も作用する)もあるので、
落ちた時は、努力不足だったと割り切るしかありません(幸い、資格試験ではまだ落ちたことないですが)。

そして、申し込んだ以上、後には引けなくなります。
会社や周囲の人(家族・友人)に、その旨を伝えている場合は尚更逃げられません。

そのうち、「○○の試験どうだった?」、「合格した?」という質問が飛んで来ます(多分)。
その時、「合格しました」、「(残念ながら)落ちました」のどちらが言えるかで、
必然的に周りの評価も変わってきます。
(そういった場面を想像してモチベーションを上げるのもありです。)

特に、会社で集団で受けさせられた場合や、同じ資格を持ってる人がいると厄介です。
どうしても、比べられてしまいからね。
(いろんな条件の違い(同じ資格でも昔に受けた方が、問題が総じて簡単なような気が)があるから、
本来は比べることは良くないのですが・・・)。

ただ、ありがたいことに多くの資格試験が、申し込み期限から試験日まで相応の期間があるので、
資格試験の難易度(ランク)によっては、
申し込みした時点から真面目に勉強に取り組めば、合格出来るレベルに達することも可能です。
私は、宅建(宅地建物取引士)がまさにそうでした。
(勉強開始が、締切最終日に申し込んでから)

今、何か目指している資格があって、
申し込みしたばかりなら、まだなんとかなるかもしれません。
残り時間可能な限り、頑張ってみることをお勧めします!!

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA