「問題集の解き方」

先日、資格を目指している人と話した時に、
ふと疑問に思ったので、改めて問題集の解き方を整理したいと思う。

前提:五肢択一の問題

基本的には、五肢の中から1つ正しいもの、或いは間違いを尋ねるものだが、
皆さんはどのように解いているのだろうか?

問題を5肢読んでみて、
正解か不正解を確認、合っていれば次の問題へ、
間違っていれば、正しい肢の解説を読んで、次の問題という感じなのだろうか?

これまでの資格試験の勉強を通じてやってきたやり方は、
正誤に正解するかどうかではなく、
5肢の中でどの部分が間違っているから、選んではいけないとなるのかその理由を必ず頭に描いて問題を解くことだ。
解説を見る際も、(正しい選択肢は置いておいて)
間違っている選択肢は、どの部分が間違っていて、どのようになっていれば正解かというのを
必ず一肢ずつ確認していたものである。
折角の五肢なのだから、正しい選択肢或いは間違った選択肢の一肢だけではなく
その他の四肢も勉強のため(正しい理解のため、記憶に定着させるため)有効利用すべきである。

確かに、正解肢のみの確認だけであれば、
問題は次から次へと進んでいけるが、それでは正解肢の知識しかつかない。
当然、何度か問題集をやり込めば、正解肢がどれなのかを覚えてしまうことはあるだろう。
だが、残りの四肢の間違いの部分まできちんと答えを出せる(覚えているか)ようになるまでには、
更なる時間を要すことだろう。

だから、個人的には、正解したところで、
他の四肢の間違いまで完答できなければ、ちっとも嬉しくないし、できた気にならない。

以上、極めて当たり前のことかもしれないが、
もしかしたら、正解肢のみの確認(合ったか、合っていないか)だけの人もいるかもしれないので、
念のために記事として投稿しておきたい。

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA