「(勉強法)問題集の解き方」

先日、資格を目指している人と話した時に、
ふと疑問に思ったので、改めて問題集(過去問)の解き方についてお話ししたいと思います。

前提は、「五肢択一」の問題とします。

基本的には、五肢の中から正しいもの、あるいは、間違いを1つ尋ねる問題ですが、皆さんはどのように解いていますか?

私が、これまでの資格試験の勉強を通じてやってきたやり方は、
簡単に言えば、五肢全ての正誤判断が正しく出来て、初めて正解とするというやり方です。

つまり、一肢毎に正誤判断が出来ることが要求されます。

例えば、正解肢を選びなさいという問題では、
「この肢はこの部分が間違っているから選んではいけない(間違い)」「この肢は間違っている箇所がない(全て正しいことを言っている)から正解だろう」と、一肢ずつ正誤を判断するということです。
間違っても、「あ〜、この問題は確かこの選択肢が正解だったよな」というような解き方ではありません。

加えて、間違っている選択肢であれば、どの部分が間違っていて、どのようになっていれば正解になるかということを、一肢ずつ判断していくということです。

折角、五肢あるのだから、正しい選択肢、あるいは、間違った選択肢の一肢だけを判断(確認)するのではなく、その他の四肢も、正しい理解のため、記憶に定着させるために有効活用するべきです。

確かに、正解肢のみの確認だけであれば、
問題は次から次へと進んでいけると思いますが、それでは正解肢の知識しか身に付いていません。
それに、何度か同じ問題を解けば、正解肢がどれだったかを覚えてしまう人もいるでしょう。

しかし、本当の意味で問題集を有効に活用するというのは、正解肢以外の残りの四肢まできちんと正誤判断が出来るようになることです。
他の選択肢はなぜ不正解なのか?、そこに目を向けることが非常に重要です。

私は、問題として正解していたとしても、
他の四肢の正誤判断が完答できなければ、ちっとも嬉しくありませんでしたし、問題を解けたという気にもなりませんでした。
だから、本当の意味で正解できるようになるのは、試験の直前期まで時間が必要でした。

以上、当たり前のことだとは思いますが、
ひょっとしたら正解肢のみの確認の人(答えとして、合ったか、合っていないかしか気にしていない)もいるかもしれないので、念のため一記事として投稿しておきます。

(初版:2017年10月31日、改訂:2018年1月9日)

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA