「(勉強法)他校模試の活用」

「中小企業診断士」「社会保険労務士」の資格を目指す際、
大手資格スクールを利用しましたが、結局そのスクール以外の模試を受験することはありませんでした。

私は、働きながらの資格取得でしたので、
他校模試を受ける時間、更にはその受けた模試を復習する時間が、
確保出来るかどうかという不安もあり、他校模試には手が出ずじまいでした。

しかし、その当時の受講仲間の中には、
他校模試を受けられている方も多くいらっしゃいました。
他の受講生から、他校模試で問われた問題が、実際に本試験でも出題されたという事を後で聞いたこともあります。

他校模試を受けずとも、無事に一発合格できた経験を踏まえると、個人的には時間的に余裕があれば、他校模試を受けるのもありかなと思いますが、他校模試を無理に利用しなくても、それまで学習したことをきちんと理解しておけば、本試験には合格出来るものだと思います

自分の確保できる勉強時間と現状のレベル(知識量)に応じて、他校模試を受けるか否か検討するのが良いと思います。
私自身は、資格スクールで受けた模試やその他の答練、過去問を復習するだけで手一杯でしたので、仮に他校模試を受けていたとしても十分に活用出来なかったと思います。
むしろ、直前期に、他校模試に手をつけたいのに手をつけられない、という精神的な不安を感じずに済んで良かったと思います。

また、個人的に、模試は結構難しく作られているという印象ですし、
資格スクール自身も、本試験的中問題ということを狙ってたりするので、
割と細かな論点を聞いてきたりします。
また、資格スクール毎に出題の趣味・趣向もあります
(いわゆる、資格スクールで好きな(よく問われる)論点が存在し、その資格スクールの方にとってはお馴染の問題(得点が取り易い)というわけです。)

(参考:「確認テストや模試への臨み方」

そんな模試の問題でも、奇問・難問に必要以上に惑わされず、
基本的な知識をベースにしながら、正解率が高い問題を取りこぼしなく解くことが大切です。
あとは、模試は少し難易度を上げてあるので、想定より得点が取れずにショックを受ける(モチベーションが低下する)こともあるので、その点も注意が必要です。

少し本題とずれますが、
他校模試で、奇問難問に出会い、そこで一喜一憂。
あるいは、「(今まで聞いたこともないけど)なんか難しいことを覚えたぞ」という気持ちになってもあまり意味はありません。
模試などでは、必ず正解率「A」「B」の問題をチェックし、その問題の復習を最優先にすることが大事です。
つまり、みんなが解ける問題を解けるようにすることが大切です。
一方、正解率が「C」「D」の問題は、逆にみんな解けていないので、受験生同士では大きな差がつかないので、あまり気にしない方が得策です。

仮に他校模試を受けないと、どうしても不安でしょうがないという方は、
前述のように、復習の際は、受講生の正解率が高い問題、あるいは重要論点と位置付けられている問題だけに注力するなど、メリハリをつけて利用することが大切です

(初版:2017年11月7日、改訂:2018年2月12日)

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA