「(勉強ツール)フリクション(こすると消えるボールペン)」

今回紹介する勉強ツールは、「フリクション」です。


(参考:「フリクションシリーズのHP」

皆さんご存知の「こすると消えるボールペン」ですね!!

ちなみに私が、資格勉強の時に使っているは、
フリクションシリーズの中の「フリクションボールスリム038」(価格:180円+消費税)です。


(画像クリックでアマゾンへ)

これは、細かな書き込みに最適なシリーズ最細(0.38mm)のボールペンです。

私が、使用しているシャープペンシルが0.3mmなので(参考:「KURU TOGA」)、
それよりもわずかに太い(0.38mm)のですが、使っている分には太さの違いはあまり気になりません。
細いので、テキストや問題集などに書き込み(コメント)がしやすい点がGoodです。
また、細身なので筆箱に入れていてもかさばらない点も評価出来ます。

「マーカーの引き方」にも書いたように、
私は、資格勉強の際、マーカーはほとんど引かない主義なのですが、
たまに、どうしても覚えたい(覚えないといけない)用語や説明文がある時、
本試験直前期などで、最重要論点かつ覚えきれていない箇所をチェックする時などに、
このボールペンを使うことがあります。

普通のマーカーだと引いた後消せないですし、
また、人によっては、マーカーを引きすぎてカラフルになってしまい、
かえって何が重要か分かりにくくなったりしますので、
やはり、「書いた(マーカーを引いた)後に消せる」という点で大変便利ですね。

ちなみに、私がこのボールペンを一番利用するシーンは、
専門書や教養書、ビジネス書などの本を読んでいるときです。

読んでて重要だと思うところにマーカーを引いたり、
感想や要点を書き込んだりするのに使用するのですが、
2回目以降に読んだ時に、重要だと思っていた所があまり重要ではないと感じたり、
要点や感想を付け加えたり書き直したいと思うことが多々あるので、
そういう場合に、消せるフリクションボールは手放せません。

ただ、1点注文をつけるとすれば、
本の文字インクの部分と一緒に消すと、紙や文字が黒ずんだりすることがたまにあります。
おそらく、文字のインクの種類や紙の質によるものだと推察しますが、
この辺りが改善されるとさらに良い商品になるのになと思います。
(まぁ、無茶な要求かもしれませんが…。)

それにしても、
初めて「フリクション(消せるボールペン)」のテレビCMを見た時の衝撃は今でも忘れられません。
「ウソ!?、本当に消せるの!?」とテレビの前で驚いて、早速買いに出かけたものです。

フリクションシリーズも、今では当たり前となってしまいましたが、
技術が進みどんどん便利な世の中になっていますから、
フリクションのような画期的な文房具がどんどん発売されて欲しいところです。

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

勉強ツールカテゴリの最新記事