「(心構え)直前期の頑張りが合否を分ける」

直前期について

試験の直前期は、自然と勉強の質が高まり、かつ勉強量も増えるので、
成績がグンと伸びる時期です。
私も、難関資格(中小企業診断士、社会保険労務士)を受ける度に、
直前期の成績の伸びを実感したものです。

特に、これまで真面目にコツコツ勉強してきた方だと、直前期の効果(伸び)は計り知れません。

直前期=必ずしもすぐに成績に表れるわけではない

ただし、直前期(本試験1〜2ヶ月前)に入ったからと言って、
すぐに成績に表れる訳でもありません。

なぜなら、大凡、どの資格スクールでも本試験1〜2ヶ月前に、
中間模試や全国公開模試と言った名称で模擬試験が行われますが、
私の場合、中小企業診断士、社会保険労務士を勉強していた時は、D判定でした。
(行政書士試験は、運も味方して辛うじてB判定)
結局、一度も本試験前に合格点を取る事が出来なかった訳ですが、
それでも1発合格できたと言うことは、
本試験の日も含めて伸びる余地があると言うことを証明してくれています。

これまでの経験から言えることですが、所詮、模試は模試です。本番ではありません。
直前期に大事なことは、
「これから本試験まで、まだまだ成績は伸びるぞ!」と自分を信じ勉強を続けることです。
私のように本試験当日。いや、本試験の最中に合格出来る力がついていれば問題ありません。

直前期の模試の成績だけで判断してはダメ

間違っても模試の結果だけを見て、
「ああ、今年は無理かも。来年も受けないとダメなのかなぁ。」と思って、
諦めてしまってはダメだということです!!
本試験終了の合図があるまで、その年(その回)の合格を諦めてはいけません。
(参考:「『今回(今年)は無理だ』だけは言ってはいけない」

直前期は、模試の結果で一喜一憂せず、これまで通りのやり方を続けていくことが大切です。
勿論、これまで通りには、今まで使用してきたテキストや問題集を使うということも含みます。
直前期は、色んな物(テキスト・問題集、講義等)が「隣の芝は青い」状態に見えがちですが、
この段階で、新しいテキストや問題集等に手を出すことは余裕のある方を除き、お勧めできません。
(参考:「目移りせず、信じること」「勉強内容に迷った時こそ・・・」

最後は自分を信じること

直前期になかなか成績が伸びないと、
暗く長いトンネルを通っているかのように不安や焦りに駆られますが、
これまでのテキスト、問題集を信じ、何よりも自分自身を信じて努力を続けることが合格に繋がります。

そして、100m走や駅伝、マラソンでも、
ゴールが近づけばラストスパートをかけはずです。

資格勉強においても、直前期はこれまで以上の努力(勉強)が必要となります。
難関の国家資格は1年に1度しか実施されないものがほとんどです。
ゴールした後、すぐに走り出す必要はないのですから、
ゴールした後は倒れこみ、起き上がれなくなるぐらいの気持ちで、
ラストスパートをかけてゴールまで走り切って下さい。

そう、まさに、直前期には、フルマラソンの川内選手のように…。
逆に、この時期(直前期)に頑張れないと、ゴールが遠いていくことは言うまでもありません。

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

会員登録

2018年4月1日より、一部の記事を会員限定公開としております。 全ての記事を読んでみたいと思われた方は、この機会に会員登録(無料)はいかがでしょうか? ユーザー名とパスワード(いずれも自分で設定)、お持ちのメールアドレスの3つを入力するだけで、会員登録完了となります。

心構えカテゴリの最新記事