「正しい理解へと修正する」

以前、「完璧に理解出来なくてもまずは教材をひと通りやりきる」という投稿をした。 では、完璧に理解していない状態を、どのようにして次の段階(正しい理解)へと進めるのかと言う話である。 それは、(テキストを読んだ後に)「問題集や過去問題集を解くこと」であ... 続きを読む

「勉強ばかりはNG」

資格取得に向けて勉強は当然必要だが、 やはり勉強だけでは駄目である。 まず、資格の勉強だけだと思考回路が固まってしまうし、 いずれ勉強自体に嫌気がさしてくる。 何事も「メリハリが大事」だと言うが、まさにその通りである。 勉強時間確保のため、 ある程度... 続きを読む

「ノートを作る派or作らない派」

記憶の定着や知識の整理、そして何よりも勉強した感が出る(?)と言った理由もあり、勉強の際に独自のまとめノートを作る人もいるだろう。 作る、作らないに関しては人それぞれだが、管理人は断然「ノートは作らない派」。正確に言えば、「知識整理用のノートは作らな... 続きを読む

「問題はむしろ間違えた方が良い」

先日、「完璧に理解出来なくても、まずは教材を一通りやりきる」という記事を投稿したが、 例えば、テキストのある分野(単元)を一通り読んだ後は、 実際にその分野の問題を解いてみる方が多いだろう。 正解・不正解に一喜一憂しながら採点した結果、 正解率はどの... 続きを読む

「完璧に理解出来なくても、まずは教材を一通りやりきる」

資格勉強を始め、 テキストを読み進めると当然分からない箇所が出てくる。 1、2度読み返すのは結構だが、 理解出来ないからと言って立ち止まるのはオススメしない。 分からない論点は後で見返せるようにチェックしておいて、取りあえず次に進んで欲しい。 「1回... 続きを読む

「合格体験記の活用」

資格を目指す方の中には、 専門学校(スクール)から出版されている「〇〇合格体験記」なるものを 一度は目にしたことがあると思う。 合格体験記には、 当然、「専門学校の良さ」が前面にアピールされている。 例えば、 「テキストが図・表入りで分かりやすい」 ... 続きを読む

「ゴールと要素」

「ゴールと要素」。 この考え方は、谷口貴彦氏の著書「ザ・コーチ 」に載っているものだが、 まとめると次のようなことだ(末尾に著書案内)。 「(資格)合格」をゴールとするならば、 ゴールに必要となる要素を考えなければならない。 資格合格というゴールに対... 続きを読む

「習慣化の方法」

以前、「習慣化(カテゴリー:心構え)」と言う投稿をしたが、 実際に勉強を習慣化させるにはどうしたら良いだろうか? 考えてみたいと思う。 その前に1つ理解しておいて欲しいことがある。 まず、そもそも人間は「変化を避けたがる生き物」であり、 「より楽な道... 続きを読む